不景気.com > 赤字決算 > ジャパンディスプレイの19年3月期は200億円の営業赤字へ、無配

ジャパンディスプレイの19年3月期は200億円の営業赤字へ、無配

ジャパンディスプレイの19年3月期は200億円の営業赤字へ、無配

東証1部上場でディスプレイ製造大手の「ジャパンディスプレイ」は、2019年3月期第3四半期決算短信を発表し、四半期営業損益が106億2600万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。また、通期連結業績予想を修正し、200億円の営業赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期第3四半期連結業績:ジャパンディスプレイ

売上高営業損益純損益
2019年3月期(3Q) 4653億3100万円 △106億2600万円 △108億6100万円
前年同期 5655億8800万円 △388億9700万円 △1006億1100万円
通期予想 約6457億円(10%減) △200億円超 未定

主力のスマートフォン向けディスプレイについて、中国市場の減速やスマートフォンの買い替え需要の落ち込みなどから、売上高・営業損益・純損益ともに想定を下回る見通しとなりました。また、年間配当を無配とすることも併せて明らかにしました。

なお、悪化した財務基盤の強化に向け、複数の交渉先と提携交渉を継続しているとのことです。

業績予想の修正に関するお知らせ:ジャパンディスプレイ

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事