不景気.com > 国内倒産 > ファッションブランド「ワールドワイドラブ」が民事再生、負債7億円

ファッションブランド「ワールドワイドラブ」が民事再生、負債7億円

ファッションブランド「ワールドワイドラブ」が民事再生、負債7億円

東京都杉並区に本拠を置くカジュアルウェア販売の「株式会社ワールドワイドラブ」は、1月21日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1993年に創設されたファッションブランド「WORLD WIDE LOVE!」の運営を目的として、前身企業からの会社分割により2006年に設立の同社は、「WORLD WIDE LOVE!」や「Rydia」などのブランド名でカジュアルウェアの販売を手掛けていました。

しかし、個人消費の落ち込みやファストファッションの台頭により販売が低迷すると、不採算店舗を閉鎖するなど事業規模を縮小し生き残りを目指したものの、資金繰りの行き詰まりから決済難に陥ったため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約7億4000万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事