不景気.com > 国内倒産 > 北海道のパン・菓子製造「ニシムラファミリー」が破産、負債2億

北海道のパン・菓子製造「ニシムラファミリー」が破産、負債2億

北海道のパン・菓子製造「ニシムラファミリー」が破産、負債2億

官報によると、北海道千歳市に本拠を置くパン・菓子製造の「株式会社ニシムラフアミリー」は、10月12日付で札幌地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1977年に「西村食品工業株式会社」の関連会社として設立の同社は、千歳市を中心に洋菓子店「ニシムラファミリー」を展開するパン・和洋菓子の製造業者で、2003年には西村食品工業の破産により事業および従業員を承継したほか、銘菓の「ユカたん」や「レモンケーキ」の製造・販売を引き継いでいました。

しかし、競争激化による売上の減少などから業績が悪化すると、2001年に新設した札幌工場の建設に伴う多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、2017年6月には同工場を売却したほか、不採算店舗を閉鎖するなどの合理化を進めたものの、債務超過が続くなど厳しい環境に陥ったため、今年5月31日をもって事業を停止していました。

信用調査会社の東京商工リサーチによると、負債総額は約2億6000万円の見込みです。

関連記事

「国内倒産」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事