不景気.com > 赤字決算 > アルチザネットワークスの18年7月期は純損益8億円の赤字継続

アルチザネットワークスの18年7月期は純損益8億円の赤字継続

アルチザネットワークスの18年7月期は純損益8億円の赤字継続

東証2部上場で通信計測器製造の「アルチザネットワークス」は、2018年7月期決算短信を発表し、当期純損益が8億5600万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年7月期通期連結業績:アルチザネットワークス

売上高営業損益純損益
18年7月期 23億3500万円 △6億7200万円 △8億5600万円
前期実績 19億9100万円 △1億5500万円 △1億8000万円
次期予想 26億円 △1億5000万円 △1億6800万円

国内のモバイルネットワークソリューション事業において、次世代通信の開発投資を行っている顧客の慎重な投資姿勢の影響を受け、対応製品の販売が次期以降へずれ込む見込みとなりました。また、外貨建債権における為替差損の計上や、IPネットワークソリューション事業における減損損失の計上も重なり、営業損益・純損益ともに赤字継続となりました。

2018年7月期決算短信:アルチザネットワークス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事