不景気.com > 国内倒産 > 兵庫のゴルフ場運営「西日本観光」が民事再生、負債52億円

兵庫のゴルフ場運営「西日本観光」が民事再生、負債52億円

兵庫のゴルフ場運営「西日本観光」が民事再生、負債52億円

信用調査会社の帝国データバンクによると、兵庫県篠山市に本拠を置くゴルフ場運営の「西日本観光株式会社」は、8月30日付で大阪地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1971年に設立の同社は、1974年に「青山台ゴルフ倶楽部」(兵庫県篠山市)をオープン。同ゴルフ場は全18ホールの丘陵コースで、大阪市内から車で約50分のアクセスの良さが人気となっていました。また、1980年に「篠山ゴルフ倶楽部」(同市)をオープンすると、1994年には18ホールから27ホールに増設するなど、地元のゴルファーを中心に支持を得ていました。

しかし、景気低迷による客足の落ち込みや近隣ゴルフ場との競争激化で業績が悪化すると、2015年には「篠山ゴルフ倶楽部」を18ホールでの営業に縮小したほか、2017年に発生した台風21号の影響で、ゴルフ場への一部道路が通行止めとなり、アクセスの迂回を余儀なくされるなど不便が生じました。加えて、今年に入ってからも、大阪北部地震や西日本豪雨の影響で客数が減少するなど厳しい環境が続いていることから、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

2018年3月期末時点の負債総額は約52億8000万円の見通しです。

ゴルフ場経営の西日本観光が民事再生を申請(帝国データバンク) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事