不景気.com > 国内倒産 > 愛知・刈谷の建設業「森工務店」が自己破産申請へ

愛知・刈谷の建設業「森工務店」が自己破産申請へ

愛知・刈谷の建設業「森工務店」が自己破産申請へ

信用調査会社の東京経済などによると、愛知県刈谷市に本拠を置く建設業の「株式会社森工務店」は、6月4日までに事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1958年に創業の同社は、宅地造成・道路・高架橋などの土木工事や、公共施設・病院・店舗・倉庫などの建築・改修工事に加え、一般住宅の新築・販売・リフォームも手掛けていました。

しかし、景気低迷による不動産市況の悪化や公共工事の縮減で受注が落ち込んだほか、直近では積極的な事業拡大により売上高は増加したものの、旺盛な資金需要や低採算案件の受注などから資金繰りが逼迫したため、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は、東京経済によると10億円超、東京商工リサーチによると約8億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事