不景気.com > 赤字決算 > INESTの18年3月期は3億円の最終赤字、旧USシステムズ

INESTの18年3月期は3億円の最終赤字、旧USシステムズ

INESTの18年3月期は3億円の最終赤字、旧USシステムズ

ジャスダック上場でウェブサービス・システム開発やモバイル端末販売の「INEST」(旧商号:ユニバーサルソリューションシステムズ)は、2018年3月期決算短信を発表し、当期純損益が3億800万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績:INEST

売上高営業損益純損益
18年3月期 30億6300万円 △3億2500万円 △3億800万円
前期実績 28億8300万円 1億300万円 1億3900万円
次期予想 40億円 △4億円 △4億5000万円

売上高は前期実績を上回ったものの、外食産業向けシステムの販売・運営子会社が連結対象外となったことなどから、システム事業が減収および5億7400万円の損失を計上したため、営業損益・純損益ともに赤字転落となりました。

また、2019年3月期の業績予想についても、システム事業における顧客獲得などで積極的な投資を行うことから、営業損益・純損益ともに赤字を見込んでいます。

2018年3月期決算短信:INEST

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事