不景気.com > 赤字決算 > 北陸電力の18年3月期は4億円の最終赤字、2期連続

北陸電力の18年3月期は4億円の最終赤字、2期連続

北陸電力の18年3月期は4億円の最終赤字、2期連続

東証1部上場の「北陸電力」は、2018年3月期決算短信を発表し、当期純損益が4億8500万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績:北陸電力

売上高営業損益純損益
18年3月期 5962億8300万円 148億2600万円 △4億8500万円
前期実績 5425億7200万円 105億3900万円 △6億2200万円
次期予想 6300億円 未定 未定

燃料費調整額の増加や再エネ特措法賦課金・交付金の増加により、売上高は前期実績を上回ったものの、大型石炭火力発電所の稼働減による燃料費の増加や、設備修繕費の増加などから採算が悪化したため、連結決算を開始した1995年3月期以降、初めて2年連続での最終赤字の計上となりました。

2017年度決算について:北陸電力

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事