不景気.com > 国内リストラ > 三陽商会が希望退職で250名の削減へ、バーバリー終了響く

三陽商会が希望退職で250名の削減へ、バーバリー終了響く

三陽商会が希望退職で250名の削減へ、バーバリー終了響く

東証1部上場のアパレルメーカー「三陽商会」は、希望退職者の募集による250名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは販売職を除く従業員で、退職日は12月31日。退職者には特別退職金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針です。

イギリスの高級ブランド「バーバリー」とのライセンス契約終了が販売に大きく影響しているほか、百貨店における衣料品市場の不振や競争激化などから厳しい環境が続いているため、構造改革策の一環として複数の不採算ブランドを中止するとともに今回の人員削減を決定したようです。

希望退職者の募集に関するお知らせ:三陽商会

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事