不景気.com > 国内倒産 > 兵庫のレジャー施設運営「日建」(旧・チボリ)に特別清算決定

兵庫のレジャー施設運営「日建」(旧・チボリ)に特別清算決定

兵庫のレジャー施設運営「日建」(旧・チボリ)に特別清算決定

官報によると、兵庫県伊丹市に本拠を置くレジャー施設運営の「株式会社日建」(旧商号:チボリ)は、5月19日付で神戸地方裁判所伊丹支部より特別清算の開始決定を受けたことが明らかになりました。

1957年に設立の同社は、1970年代よりゴルフ練習場やプール・植物園などレジャー関連施設の運営に進出すると、1989年には温浴施設の「宝塚チボリカラカラテルメ」をオープンするなど事業を拡大していました。

しかし、バブル崩壊や客足の落ち込みにより業績が悪化すると、運営する施設を次々と閉鎖し生き残りを目指したものの、多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、2015年2月には解散を決議し事後処理を進めていました。

東京商工リサーチによると、負債総額は約58億8000万円の見通しです。

日建(旧:チボリ)が特別清算 (東京商工リサーチ) - Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事