不景気.com > 国内リストラ > 東洋紡がポリエステルタイヤコード事業から撤退

東洋紡がポリエステルタイヤコード事業から撤退

東洋紡がポリエステルタイヤコード事業から撤退

東証・大証1部上場で繊維製品大手の「東洋紡」は、今年末をもってポリエステルタイヤコード事業から撤退すると発表しました。

1970年にタイヤの形状を保持する補強材繊維「ポリエステルタイヤコード」の生産・販売を開始すると、その後は合成繊維事業の主要製品として事業を展開してきたものの、主要取引先の海外移転や安値な海外製品との競争激化で販売量が大きく落ち込んでいることから、同事業の継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

今後は今年9月に生産を終了する予定で、生産設備の減損損失として16億6400万円の特別損失を計上するとのことです。

ポリエステルタイヤコード事業からの撤退について|TOYOBO

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事