不景気.com > 赤字決算 > 日本郵船の第2四半期は純損益30億円の赤字見通し

日本郵船の第2四半期は純損益30億円の赤字見通し

日本郵船の第2四半期は純損益30億円の赤字見通し

東証・大証・名証1部上場の海運大手「日本郵船」は、2013年3月期第2四半期(累計)の連結業績予想を下方修正し、四半期純損益が30億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2013年3月期第2四半期(累計)連結業績予想:日本郵船

売上高 営業損益 純損益
前回予想 9800億円 220億円 75億円
今回予想 9500億円 180億円 △30億円
前年同期 9111億8400万円 △96億6200万円 △120億6300万円

ドライバルク市況の低迷や航空運送事業における低調な荷動きに加え、投資有価証券評価損として約100億円の特別損失を計上することから、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:日本郵船

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事