不景気.com > 企業不況 > 日本産業ホールディングスが債務超過の猶予期間入り銘柄に

日本産業ホールディングスが債務超過の猶予期間入り銘柄に

日本産業ホールディングスが債務超過の猶予期間入り銘柄に

札幌証券取引所は、アンビシャス上場のIT・コンサルティング持株会社「日本産業ホールディングス」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。

これは、同社が2011年6月期末において4246万円の債務超過に陥ったための措置で、猶予期間となる2012年6月30日までに債務超過を解消できない場合は上場廃止となります。

同社によると、タブレット型コンピューターの販売事業により新たな収益を確保し財務基盤の改善を目指す方針で、債務超過解消への具体的な施策がまとまり次第明らかにするとのことです。

債務超過に係る猶予期間入り銘柄について:札幌証券取引所

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事