不景気.com > 赤字決算 > ハザマの第1四半期は純損益2.6億円の赤字拡大、建築需要減で

ハザマの第1四半期は純損益2.6億円の赤字拡大、建築需要減で

ハザマの第1四半期は純損益2.6億円の赤字拡大、建築需要減で

東証1部上場の土木建築「間組」(ハザマ)は、2011年3月期第1四半期の連結業績を発表し、営業損益・四半期純損益とも赤字に陥ったことを明らかにしました。

2011年3月期第1四半期連結業績:ハザマ

売上高 営業損益 純損益
11/3月期(1Q) 383億3800万円 △1億9900万円 △2億6600万円
10/3月期(1Q) 441億8400万円 1億500万円 △1億200万円
通期予想 1930億円 38億円 10億円

景気低迷による公共工事の縮減や、不動産市況の悪化による民間建設投資の減少で、売上高は前年同期に比べ13.2%の落ち込みを記録。

事業部門別では、建築事業が営業損失を計上するなど低調に推移したことから、営業損益では赤字転落、純損益では赤字幅拡大となりました。

なお、売上高の計上時期が第4四半期に集中する傾向があるとして、通期業績予想は据え置きとなっています。

2011年3月期第1四半期決算短信:ハザマ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事