不景気.com > 国内倒産 > マンション分譲「藤澤建設」が特別清算開始受け倒産、負債38億

マンション分譲「藤澤建設」が特別清算開始受け倒産、負債38億

マンション分譲「藤澤建設」が特別清算開始受け倒産、負債38億

首都圏にてマンション分譲を行う「藤澤建設」は、10月15日付で東京地方裁判所より特別清算開始の決定を受け、倒産したことが明らかになりました。

1969年に設立の同社は、自社ブランドのマンションシリーズ「ローヤルシティ」を設計・施工・分譲・販売など一貫して行い、特に埼玉県内では家族層から大きな支持を得て、業績を上げていました。

しかし、不動産市況の悪化によりマンション販売が急激に落ち込むと、物件開発に必要な資金繰りにも行き詰まりが生じたため、事業の継続を断念。

その後は、保有する不動産物件を管理会社に譲渡するなど事業の整理を進め、8月27日の株主総会で解散を決議していました。

帝国データバンクによると、負債総額は約38億円

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事