不景気.com > 企業不況 > 加賀電子が子会社「加賀コンポーネント」を解散・特別清算

加賀電子が子会社「加賀コンポーネント」を解散・特別清算

加賀電子が子会社「加賀コンポーネント」を解散・特別清算

東証1部上場の電子部品商社「加賀電子」は、100%出資子会社の「加賀コンポーネント」(東京都千代田区)を解散および特別清算すると発表しました。

加賀コンポーネントは、1968年に設立され、1991年に加賀電子の子会社になると、1997年に商号を「ボルテック」から「加賀コンポーネント」に改称し、主に電源機器・スイッチング電源・トランスなどの開発・製造を手掛けていました。

また、2006年からはプロジェクターの開発・製造を開始したものの、競争激化による販売価格の下落や需要低迷などから業績が悪化し、債務超過に陥るなど厳しい環境が続いたことから、事業の整理を進め今回の措置に至ったようです。

6月28日を解散日とし、10月をめどに特別清算が結了する予定です。なお、加賀電子は、同子会社に対する貸付金46億9200万円について、債権回収不能の見込みを併せて明らかにしています。

子会社の解散および債権の取立不能のおそれに関するお知らせ:加賀電子

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事