不景気.com > 赤字決算 > ナックの18年3月期は10億円の最終赤字へ、住宅事業が不振

ナックの18年3月期は10億円の最終赤字へ、住宅事業が不振

ナックの18年3月期は10億円の最終赤字へ、住宅事業が不振

東証1部上場でダスキン代理店や住宅・水宅配を手掛ける「ナック」は、2018年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が10億5000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績予想:ナック

売上高営業損益純損益
前回予想 941億円 20億円 5億5000万円
今回予想 904億円 15億円 △10億5000万円
前期実績 859億100万円 7億5600万円 4億1500万円

子会社の住宅メーカー「レオハウス」において、売上の低迷や建材価格の高騰、職人不足の影響で住宅事業が不振だったことに加え、レオハウス不採算店舗の減損損失として5億9000万円、店舗閉鎖に係る費用として2億6000万円のそれぞれ特別損失を計上するため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:ナック

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事