不景気.com > 赤字決算 > 資生堂の第1四半期は純損益17億円の赤字転落、反動減響く

資生堂の第1四半期は純損益17億円の赤字転落、反動減響く

資生堂の第1四半期は純損益17億円の赤字転落、反動減響く

東証1部上場の化粧品大手「資生堂」は、2015年3月期第1四半期決算短信を発表し、四半期純損益が17億8000万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2015年3月期第1四半期連結業績:資生堂

売上高営業損益純損益
15年3月期(1Q) 1683億7700万円 13億6200万円 △17億8000万円
前年同期 1623億6300万円 68億7500万円 26億5800万円
通期予想 7800億円 420億円 380億円

消費増税に伴う駆け込み需要の反動減から国内化粧品事業の売上高は前年同期比で3.3%減少したほか、賞与増に伴う人件費の増加や税金費用の増加などから純損益は赤字転落となりました。

2015年3月期第1四半期決算短信:資生堂

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事