不景気.com > 国内倒産 > 秋田の「瀬下建設工業」が銀行取引停止、負債16億円

秋田の「瀬下建設工業」が銀行取引停止、負債16億円

秋田の「瀬下建設工業」が銀行取引停止、負債16億円

信用調査会社の東京商工リサーチによると、秋田県秋田市に本拠を置く建設業の「瀬下建設工業株式会社」は、7月9日付で銀行取引停止処分を受けたことが明らかになりました。

1987年に設立の同社は、学校・病院・マンションなどの建築工事や土木工事を主力に事業を展開し、青森・仙台・横浜・福岡に営業拠点を開設するなど事業を拡大していました。

しかし、受注は堅調に推移する一方で利益は低調に推移したほか、多額の借入金が資金繰りを逼迫し、加えて従業員による事業外への資金流用が発覚したことから、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約16億5000万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事