不景気.com > 国内倒産 > 中古品買取「えびす堂」「BRAND1」運営の「テビス」に破産決定

中古品買取「えびす堂」「BRAND1」運営の「テビス」に破産決定

中古品買取「えびす堂」「BRAND1」運営の「テビス」に破産決定

埼玉県鶴ヶ島市に本拠を置く中古品買取・販売の「株式会社テビス」は、6月7日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1994年に設立の同社は、貴金属買取店の「えびす堂」やブランド品販売・買取店の「BRAND1」、天然石アクセサリー販売店の「aura」を展開し、全国各地のスーパーやショッピングモールを中心に多数の店舗を構えていました。

しかし、同業他社との競争激化に加え、フリマアプリの普及も重なり売上が減少すると、不採算店舗の閉鎖により生き残りを目指したものの、その後も業績は悪化の一途を辿ったため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約2億円の見通しです。

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事