不景気.com > 雇用問題 > 記事リスト4
大学生の12月時点就職内定率は76.6%、前年比1.6%改善 文部科学省が発表した就職内定状況調査によると、2014年3月に卒業を迎える大学生の2013年12月1日現在の就職内定率は、前年同期比で1.6ポイント改善の76.6%だったことが明らかになりました。 12月1日現在の大学生就職内定率:厚労省調 ...記事全文 (2014/1/21)
11月のユーロ圏失業率は12.1%で過去最悪継続、若年24.2% EU統計局によると、17カ国で構成されるユーロ圏(EA17)の2013年11月の失業率(季節調整値)は12.1%となり、依然として過去最悪の水準に陥っていることが明らかになりました。 失業率は2013年8月から横ばいが続いており、国別ではギ ...記事全文 (2014/1/ 9)
11月の失業率は4.0%で横ばい、有効求人倍率は1.00倍に改善 総務省が発表した「労働力調査」(速報)によると、今年11月の完全失業率(季節調整値)は前月から横ばいの4.0%だったことが明らかになりました。 男女別では男性が前月から0.2ポイント改善の4.1%、女性が横ばいの3.7%となりました。また、 ...記事全文 (2013/12/27)
使い捨てが疑われる離職率の高い企業の82%に法令違反 厚生労働省が発表した「若者の使い捨てが疑われる企業等への重点監督の実施状況」によると、重点監督をした5111事業所のうち82%に相当する4189事業所に何らかの労働基準関係法令違反があったことが明らかになりました。 重点監督は離職率が高いな ...記事全文 (2013/12/17)
ドワンゴが新卒入社試験に受験料制度を導入、2525円必要 東証1部上場でニコニコ動画などインターネットコンテンツの提供を手掛ける「ドワンゴ」は、2015年度の新卒入社試験より受験料制度を導入すると発表しました。 対象となるのは東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県に在住する者で、それ以外の都道府県在住 ...記事全文 (2013/12/ 3)
10月の失業率は4.0%で横ばい、有効求人倍率は0.98倍に改善 総務省が発表した「労働力調査」(速報)によると、今年10月の完全失業率(季節調整値)は前月と変わらずの4.0%だったことが明らかになりました。 男女別では男性が前月から変わらずの4.3%、女性が0.2ポイント悪化の3.7%となりました。また ...記事全文 (2013/11/29)
14年卒大学生の就職内定率は64.3%、前年同期比1.2%改善 厚生労働省が発表した就職内定状況調査によると、2014年3月に卒業を迎える大学生の10月1日現在の就職内定率は、前年同期比で1.2ポイント改善の64.3%だったことが明らかになりました。 10月1日現在の大学生就職内定率:厚労省調べ 10月 ...記事全文 (2013/11/18)
9月の失業率は4.0%に改善、有効求人倍率は0.95倍で横ばい 総務省が発表した「労働力調査」(速報)によると、今年9月の完全失業率(季節調整値)は前月から0.1ポイント改善の4.0%だったことが明らかになりました。 男女別では男性が前月から0.2ポイント改善の4.3%、女性が0.2ポイント改善の3.5 ...記事全文 (2013/10/29)
6割の地方自治体で公務員給与の引き下げ実施、国の要請 総務省が発表した「地方公共団体における給与減額措置の実施状況」によると、国の要請に基づき、全国の自治体の59.8%に相当する1069団体が公務員給与の引き下げを実施したことが明らかになりました。 これは、特例減額により国家公務員の給与が引き ...記事全文 (2013/10/23)
8月の失業率は前月比0.3ポイント悪化の4.1%、求人倍率は改善 総務省が発表した「労働力調査」(速報)によると、今年8月の完全失業率(季節調整値)は前月から0.3ポイント悪化の4.1%だったことが明らかになりました。 失業率が悪化に転じるのは2月の統計以来6ヶ月ぶりのことで、男女別では男性が前月から0. ...記事全文 (2013/10/ 1)
2012年民間平均年収は408万円で2年連続減、非正規168万円 国税庁が発表した「民間給与実態統計調査」によると、2012年の民間企業平均給与は前年比1万円減の408万円だったことが明らかになりました。 10年前の2002年に比べ約40万円減少し、雇用形態別では正規労働者の平均給与が468万円、非正規労 ...記事全文 (2013/9/28)
7月の失業率は3.8%に改善、有効求人倍率も0.94倍に改善 総務省が発表した「労働力調査」(速報)によると、今年7月の完全失業率(季節調整値)は前月から0.1ポイント改善の3.8%だったことが明らかになりました。 男女別では男性が前月から0.1ポイント悪化の4.2%、女性が0.2ポイント改善の3.3 ...記事全文 (2013/8/30)
6月の失業率は3.9%に改善、有効求人倍率も0.92倍に改善 総務省が発表した「労働力調査」(速報)によると、今年6月の完全失業率(季節調整値)は前月から0.2ポイント改善の3.9%だったことが明らかになりました。 男女別では男性が前月から0.1ポイント改善の4.1%、女性が0.4ポイント改善の3.5 ...記事全文 (2013/7/30)
11都道府県で最低賃金が生活保護水準を下回る 厚生労働省が公表した「中央最低賃金審議会目安に関する小委員会」の資料によると、全国11都道府県で最低賃金が生活保護の水準を下回っていることが明らかになりました。 最低賃金が生活保護の水準を下回っているのは、北海道・青森・宮城・埼玉・千葉・東 ...記事全文 (2013/7/23)
2012年の非正規労働者割合は38.2%、2000万人を突破 総務省が発表した「就業構造基本調査」によると、役員を除く雇用者に占める非正規職員・従業員の割合は、前回調査時の5年前に比べ2.7ポイント増の38.2%となり、実数では約2042万人を記録したことが明らかになりました。 男女別で見ると男性は2 ...記事全文 (2013/7/15)
5月の失業率は4.1%で横ばい、有効求人倍率は0.90倍に改善 総務省が発表した「労働力調査」(速報)によると、今年5月の完全失業率(季節調整値)は前月から横ばいの4.1%だったことが明らかになりました。 男女別では男性が前月から0.1ポイント改善の4.2%、女性が0.1ポイント悪化の3.9%となりまし ...記事全文 (2013/6/28)
12年の未払賃金立替払額は12.2%減の175億円、倒産減少で 厚生労働省が発表した2012年度の未払賃金立替払額は、前年度比12.2%減の175億736万円だったことが明らかになりました。 また、立替払の企業数は同12.8%減の3211件、支給者数は同5.7%減の4万205人となり、企業倒産の減少に伴 ...記事全文 (2013/6/27)
若年ニートの割合が2.3%で過去最高、フリーターは6.6% 内閣府が発表した2013年版の「子ども・若者白書」によると、2012年における15歳~34歳の若年無業者(ニート)は63万人となり、同年代の人口に占める割合は2.3%で過去最高だったことが明らかになりました。 また、15歳~34歳の若年フリ ...記事全文 (2013/6/19)
ユーロ圏の失業率は過去最悪の12.2%、若年層は24.4% EU統計局は、17カ国で構成されるユーロ圏(EA17)における4月の失業率(季節調整値)が過去最悪となる12.2%だったと発表しました。 前の月に比べ0.1ポイント、前年同月に比べ1.0ポイントのそれぞれ悪化となり、国別ではギリシャが27. ...記事全文 (2013/6/ 3)
4月の失業率は4.1%で横ばい、有効求人倍率は0.89倍に改善 総務省が発表した「労働力調査」(速報)によると、今年4月の完全失業率(季節調整値)は前月と変わらずの4.1%だったことが明らかになりました。 男女別では男性が前月から0.2ポイント改善の4.3%、女性が0.3ポイント悪化の3.8%となりまし ...記事全文 (2013/5/31)

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事