不景気.com > 企業不況 > 記事リスト5
ウインテストを時価総額の猶予期間入り銘柄に、海外に注力 東京証券取引所は、3月1日付で2部上場の電子部品検査装置製造「ウインテスト」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。 これは、同社の2月時価総額が10億円未満となったための措置で、猶予期間となる11月30日までに時価総額が ...記事全文 (2016/3/ 1)
省電舎を時価総額の猶予期間入り銘柄に、省エネ撤退響く 東京証券取引所は、3月1日付で2部上場の「省電舎」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。 これは、同社の2月時価総額が10億円未満となったための措置で、猶予期間となる11月30日までに時価総額が所要額を超えない場合は上場 ...記事全文 (2016/3/ 1)
ファステップスを時価総額に係る猶予期間入り銘柄に指定 東京証券取引所は、3月1日付で2部上場のモバイル向けシステム開発「ファステップス」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。 これは、同社の2月時価総額が10億円未満となったための措置で、猶予期間となる11月30日までに時価 ...記事全文 (2016/3/ 1)
アライドテレシスが継続企業の前提に疑義注記、赤字継続で 東証2部上場でネットワーク機器製造の「アライドテレシスホールディングス」は、2015年12月期決算短信において「継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在している」との注記を加えると発表しました。 同社は、2014年12月期決算 ...記事全文 (2016/3/ 1)
T&Cホールディングスを債務超過の猶予期間入り銘柄に指定 東京証券取引所は、ジャスダック上場で医療関連事業を手掛ける「T&Cホールディングス」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。 これは、同社が2015年11月期決算において6億1100万円の債務超過に陥ったこと、4期連続で営 ...記事全文 (2016/2/29)
NECが1012億円の債権放棄、NECモバイル清算で 東証1部上場の電機大手「NEC」は、99.94%出資子会社「NECモバイルコミュニケーションズ」(神奈川県川崎市)の解散および清算に伴い、同子会社に対する貸付金などの債権約1012億円を放棄すると発表しました。 2009年に設立の同子会社は ...記事全文 (2016/2/29)
翻訳センターが中国子会社を解散、収益確保が困難 ジャスダック上場で産業翻訳サービスを手掛ける「翻訳センター」は、100%出資子会社の「北京東櫻花翻訳」(中国・北京市)を解散および清算すると発表しました。 2008年に設立の同子会社は、中国にて事業を展開する日系企業を対象に翻訳業務を手掛け ...記事全文 (2016/2/26)
クレディセゾンが622億円の債権放棄、不動産子会社解散で 東証1部上場のクレジットカード会社「クレディセゾン」は、100%出資子会社「アトリウムリアルティ」(東京都千代田区)の解散および清算に伴い、同子会社に対する貸付金など債権622億3528万円を放棄すると発表しました。 1979年に設立の同子 ...記事全文 (2016/2/24)
SEホールディングスが3400万円の債権放棄、子会社解散で ジャスダック上場で出版社の「翔泳社」などを傘下に置く「SEホールディングス・アンド・インキュベーションズ」は、100%間接出資子会社「株式会社優泉jp.」(東京都新宿区)の解散および清算に伴い、同子会社に対する貸付金3400万円を債権放棄す ...記事全文 (2016/2/24)
日本インターが子会社「フィリピンインターエレクトロニクス」を解散 東証2部上場でパワー半導体製造・販売の「日本インター」は、100%出資子会社の「フィリピンインターエレクトロニクス」(フィリピン)を解散および清算すると発表しました。 1997年に設立の同子会社は、単機能半導体製品の製造・販売を主力に事業を ...記事全文 (2016/2/24)
MAGねっと「継続企業の前提に重要な疑義」注記、6期赤字 ジャスダック上場の債権回収業「MAGねっとホールディングス」は、「継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在している」と注記することを決議したと発表しました。 同社は、2014年12月期決算までに6期連続で営業損失および経常損失 ...記事全文 (2016/2/15)
ジャパンベストレスキューシステムが取立不能、「バイノス」破産で 東証・名証1部上場でトラブル解決サービスの「生活救急車」を手掛ける「ジャパンベストレスキューシステム」は、保有する債権について取立不能または取立遅延のおそれが生じたことを明らかにしました。 これは、連結子会社だった除染作業請負「株式会社バイ ...記事全文 (2016/2/12)
SOL Holdingsが「継続企業の前提に重要な疑義」を注記 ジャスダック上場で半導体設計・テスト業務受託の「SOL Holdings」(旧商号:シスウェーブホールディングス)は、2016年3月期第3四半期決算短信において「継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような状況が存在している」との注記 ...記事全文 (2016/2/11)
大戸屋が中国子会社を清算、上海の直営運営から撤退 ジャスダック上場で飲食店経営の「大戸屋ホールディングス」は、100%出資子会社の「大戸屋(上海)餐飲管理」(中国・上海市)を清算すると発表しました。 2012年に設立の同子会社は、上海において「大戸屋ごはん処」の直営店舗を展開しているものの ...記事全文 (2016/2/ 8)
ステラケミファが15億円の債権放棄、子会社の清算手続で 東証1部上場の化学メーカー「ステラケミファ」は、100%出資子会社「アライズ・コーポレート」(大阪府大阪市)の解散および清算に伴い、同子会社に対する貸付金など債権15億300万円を放棄すると発表しました。 2007年に設立の同子会社は、蓄光 ...記事全文 (2016/2/ 8)
豊和銀行が債権取立不能のおそれ、取引先「魚蔵」の破綻で 福証上場の第二地方銀行「豊和銀行」は、保有する債権について取立不能または取立遅延のおそれが生じたことを明らかにしました。 これは、取引先の飲食業「株式会社魚蔵」(大分県大分市)が2月1日付で大分地方裁判所より破産手続の開始決定を受けたための ...記事全文 (2016/2/ 2)
小島鐵工所が時価総額の猶予期間入り銘柄へ 東京証券取引所は、2月1日付で2部上場の油圧プレス機メーカー「小島鐵工所」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。 これは、同社の1月時価総額が10億円未満となったための措置で、猶予期間となる10月31日までに時価総額が所 ...記事全文 (2016/2/ 1)
石垣食品が「継続企業の前提に関する重要な疑義」を注記 ジャスダック上場の麦茶製造「石垣食品」は、「継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような事象または状況が存在している」と注記すると発表しました。 同社は、2015年3月期決算までに2期連続で営業損失・経常損失・純損失を計上しており、ま ...記事全文 (2016/1/30)
全国住宅地開発厚生年金基金が解散、ヨシコンが加入 ジャスダック上場の不動産開発業「ヨシコン」は、加入している「全国住宅地開発厚生年金基金」の解散方針が1月22日開催の代議員会で決議されたと発表しました。 1983年に設立の同基金は、住宅地開発および住宅建設業界で働く労働者に対し厚生年金基金 ...記事全文 (2016/1/25)
トーソーが仏子会社「トーソーヨーロッパ」を解散、欧州低迷で 東証2部上場でカーテンレールやブラインドなどインテリア製品製造の「トーソー」は、99%出資子会社の「トーソーヨーロッパ」(フランス・ミュラン市)を解散および清算すると発表しました。 2011年に設立の同子会社は、欧州における窓周り製品の製造 ...記事全文 (2016/1/15)

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事