不景気.com > 国内倒産 > ギフト品共同仕入の「全通」が事業停止、負債16億円

ギフト品共同仕入の「全通」が事業停止、負債16億円

ギフト品共同仕入の「全通」が事業停止、負債16億円

信用調査会社の東京商工リサーチによると、東京都江東区に本拠を置くギフト商品共同仕入業の「株式会社全通」は、4月2日付で事業を停止したことが明らかになりました。

ギフト小売業界の協同組合「ジャパンギフトチェーン」に加盟するメンバーの出資により1983年に設立された同社は、同組合からの業務委託を受け、ギフト商品の共同仕入をはじめとする商流・物流を手掛けていました。

しかし、景気低迷によるギフト需要の落ち込みや、ギフト商品の多様化などから業績が悪化すると、資金繰りの行き詰まりや加盟店の経営破綻で先行きが見通せない状況となり、やむなく事業継続を断念したようです。

2017年3月期末時点の負債総額は、約16億4000万円です。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事