不景気.com > 赤字決算 > ヤマダ・エスバイエルホームの18年2月期は27億円の赤字へ

ヤマダ・エスバイエルホームの18年2月期は27億円の赤字へ

ヤマダ・エスバイエルホームの18年2月期は27億円の赤字へ

ヤマダ電機の子会社で東証1部上場の住宅メーカー「ヤマダ・エスバイエルホーム」は、2018年2月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が27億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年2月期通期連結業績予想:ヤマダ・エスバイエルホーム

売上高営業損益純損益
前回予想 520億円 3億円 2億円
今回予想 490億円 △9億円 △27億円
前期実績 436億8600万円 △6000万円 △2億9000万円

リフォーム事業における体制整備が依然として遅れているため、工事の集中に伴う人件費などのコスト増や一部工事の遅延を招いているほか、主力となる注文住宅事業の工事進捗にも影響を及ぼすなど厳しい状況が続いています。

また、2期連続の営業損失を見込むなど収益性が低下していることから、住宅展示場をはじめとする固定資産について17億3000万円の減損損失を計上するため、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:ヤマダ・エスバイエルホーム

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事