不景気.com > 企業不況 > 魚力が米関連会社「ウオリキ・フレッシュ」を解散、業績悪化で

魚力が米関連会社「ウオリキ・フレッシュ」を解散、業績悪化で

魚力が米関連会社「ウオリキ・フレッシュ」を解散、業績悪化で

東証1部上場の魚類小売「魚力」は、49%出資の持分法適用関連会社「ウオリキ・フレッシュ・インク」(アメリカ・ニュージャージー州)を解散および清算すると発表しました。

2008年に設立のウオリキ・フレッシュは、アメリカ国内において生鮮・冷凍水産物の販売を主力に事業を展開しているものの、新規取引先の獲得が進まず、先行投資に係る負担が重くなっていることから、今後の黒字化は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

なお、持分法投資損失として1億3300万円を計上しているものの、今回の解散に伴い損失が増加する見込みで、連結業績予想の修正が必要となった場合は、速やかに開示するとのことです。

持分法適用関連会社の解散及び清算に関するお知らせ:魚力

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事