不景気.com > 国内倒産 > 愛媛の「鈴木弁当店」が弁護士一任、駅弁「醤油めし」製造

愛媛の「鈴木弁当店」が弁護士一任、駅弁「醤油めし」製造

愛媛の「鈴木弁当店」が弁護士一任、駅弁「醤油めし」製造

愛媛県松前町に本拠を置く弁当製造の「有限会社鈴木弁当店」は、4月2日付で事業を停止し、事後処理を弁護士に一任したことが明らかになりました。

料亭を前身として、1938年より松山駅にて駅弁の販売を開始すると、1960年に発売した「醤油めし」(醤油の炊き込みご飯に鶏肉などのおかずを乗せた弁当)が人気となり、その後は松山名物の駅弁として長きにわたり親しまれていました。

しかし、近年は駅利用者の減少や、コンビニエンスストアとの競争激化で売上が減少すると、過去の設備投資などに伴う借入金が資金繰りを逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約7000万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事