不景気.com > 国内倒産 > アパレルメーカーの「シェラック」に破産開始決定、負債2億円

アパレルメーカーの「シェラック」に破産開始決定、負債2億円

アパレルメーカーの「シェラック」に破産開始決定、負債2億円

信用調査会社の東京商工リサーチによると、東京都品川区に本拠を置くアパレルメーカーの「株式会社シェラック」は、3月22日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

2000年に設立の同社は、「5351プール・オム」などでデザイナーを務めた丸屋秀之氏が手掛けるブランドで、デザインや素材にこだわったメンズカジュアルウェアを中心に取り扱い、東京・代官山に直営店を構えるなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みに加え、ファストファッションをはじめとする衣料品の低価格化も影響し売上が減少すると、資金繰りの行き詰まりから事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約2億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事