不景気.com > 赤字決算 > ロゼッタの18年2月期は純損益12億円の赤字、クラウド不振

ロゼッタの18年2月期は純損益12億円の赤字、クラウド不振

ロゼッタの18年2月期は純損益12億円の赤字、クラウド不振

東証マザーズ上場で自動翻訳開発の「ロゼッタ」は、2018年2月期決算短信を発表し、当期純損益が12億1400万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年2月期通期連結業績:ロゼッタ

売上高営業損益純損益
18年2月期 20億600万円 △1200万円 △12億1400万円
前期実績 19億800万円 2億2600万円 1億6900万円
次期予想 20億600万円~ 2億2600万円~ 未定

機械翻訳の精度が向上したことに伴い、クラウド翻訳を主力とする子会社「エニドア」の業績が悪化しており、既存のビジネスモデルによる収益改善は困難との判断から、のれんの全額を減損損失として計上するほか、自動翻訳でも開発費用の増加が利益を圧迫したため、営業損益・純損益ともに赤字転落となりました。

2018年2月期決算短信:ロゼッタ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事