不景気.com > 国内倒産 > 投資運用「OSGアセットマネージメント」が破産、負債37億円

投資運用「OSGアセットマネージメント」が破産、負債37億円

投資運用「OSGアセットマネージメント」が破産、負債37億円

東京都台東区に本拠を置く投資運用会社の「OSGアセットマネージメント合同会社」は、4月9日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

2013年に設立の同社は、投資家や個人などから資金を集め、FX取引のトレーダーに運用を委託するかたちで、その運用益を出資者に配当する事業を手掛けていました。

しかし、2017年3月頃に、運用を委託していたトレーダーの虚偽報告が明らかになったことから、事業活動の休止に追い込まれ、その後は事後処理を進めていました。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は約37億6000万円の見通しです。なお、関連会社の「合同会社ジュピター」「合同会社K・O・T」「株式会社OSGホールディングス」の3社にも同様の措置が取られました。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事