不景気.com > 不景気ニュース > グーグルがURL短縮サービス「goo.gl」を終了、現リンクは有効

グーグルがURL短縮サービス「goo.gl」を終了、現リンクは有効

グーグルがURL短縮サービス「goo.gl」を終了、現リンクは有効

アメリカのIT大手「グーグル」は、2019年3月30日をもってURL短縮サービスの「goo.gl」を終了すると発表しました。

URL短縮サービスは、長いURLを短縮し、覚えやすく扱いやすい短いURLに変換できるサービスで、グーグルは2009年に運営を開始し、これまでに多くのURLが利用されてきたものの、その後は同類のサービスが多く台頭したほか、インターネットの環境変化もあり、サービス終了の決定に至ったようです。

サービスの終了に先立ち、匿名ユーザーおよび始めて利用するユーザーは、4月13日から新規のリンク作成が出来なくなる予定です。なお、サービスの終了までに作成されたリンクは、2019年3月30日以降も引き続き有効とのことです。

Google Developers Blog: Transitioning Google URL Shortener to Firebase Dynamic Links

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事