不景気.com > 赤字決算 > 文教堂の18年第2四半期は1.40億円の最終赤字へ、売上減

文教堂の18年第2四半期は1.40億円の最終赤字へ、売上減

文教堂の18年第2四半期は1.40億円の最終赤字へ、売上減

ジャスダック上場の書店大手「文教堂グループホールディングス」は、2018年8月期第2四半期(累計)連結業績予想を下方修正し、四半期純損益が1億4000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年8月期第2四半期(累計)連結業績予想:文教堂グループホールディングス

売上高営業損益純損益
前回予想 145億円 1億円 5000万円
今回予想 141億3900万円 △7900万円 △1億4000万円
前年同期 150億4100万円 1600万円 △1100万円

天候不順の影響やネット通販との競争激化で売上の減少が続いているほか、店舗改装などを前倒しで実施したことから、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。なお、通期業績は1000万円の最終黒字を予想しています。

業績予想の修正に関するお知らせ:文教堂グループホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事