不景気.com > 国内倒産 > 名古屋の建築業「欧倫ホーム」が自己破産申請へ

名古屋の建築業「欧倫ホーム」が自己破産申請へ

名古屋の建築業「欧倫ホーム」が自己破産申請へ

愛知県名古屋市に本拠を置く建築業の「株式会社欧倫ホーム」は、4月10日までに事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1998年に設立の同社は、デザイン性の高い戸建注文住宅を中心に、分譲住宅やマンションの建築工事・リノベーションを手掛け、名古屋市・岡崎市・日進市などに住宅展示場を設けたほか、テレビ・ラジオCMを通じ積極的な販促活動も行っていました。

しかし、競争激化や建築需要の落ち込みにより受注が減少すると、積極的な事業拡大が裏目となり資金繰りが悪化したため、好調だったリノベーション事業を売却するなど生き残りを目指したものの、収益改善には至らず今回の措置となったようです。

負債総額は、東京商工リサーチによると約19億円、東京経済によると20億円を超えるとのことです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事