不景気.com > 国内倒産 > 岡山の障害者就労支援「フィル」が破産申請へ、施設は閉鎖

岡山の障害者就労支援「フィル」が破産申請へ、施設は閉鎖

岡山の障害者就労支援「フィル」が破産申請へ、施設は閉鎖

岡山県倉敷市に本拠を置く障害者就労支援施設運営の「株式会社フィル」は、3月15日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

2013年に設立の同社は、倉敷市内に3ヵ所、岡山市・総社市・広島県福山市にそれぞれ1ヵ所の就労継続支援A型事業所を開設し、パンの製造・販売や農産品の販売、軽作業の請負などを通じ障害者の就労支援を行っていました。

しかし、設立より助成金に頼った経営だったことから、給与の未払いが発生するなど資金繰りが悪化したため、今年2月には倉敷市以外の3施設を閉鎖するなど生き残りを目指したものの、業績改善には至らず今回の措置に至ったようです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事