不景気.com > 赤字決算 > 理経の18年3月期は2.50億円の最終赤字へ、無配転落

理経の18年3月期は2.50億円の最終赤字へ、無配転落

理経の18年3月期は2.50億円の最終赤字へ、無配転落

東証2部上場でIT機器の輸入・販売を手掛ける「理経」は、2018年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が2億5000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績予想:理経

売上高営業損益純損益
前回予想 79億円 6000万円 3500万円
今回予想 80億円 △2億2800万円 △2億5000万円
前期実績 65億500万円 6700万円 1億700万円

ネットワークソリューション部門における映像配信案件の減少や通信衛星案件のずれ込み、また、電子部品・機器事業における計測機器案件のずれ込みや中国・香港向け電子部品の不振などから、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

また、業績予想の赤字修正を受け、年間配当の無配も併せて明らかにしました。

業績予想の修正に関するお知らせ:理経

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事