不景気.com > 赤字決算 > リコーの18年3月期は1700億円の最終赤字へ、米リコー減損

リコーの18年3月期は1700億円の最終赤字へ、米リコー減損

リコーの18年3月期は1700億円の最終赤字へ、米リコー減損

東証1部などに上場する事務機器・光学機器大手の「リコー」は、2018年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が1700億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績予想:リコー

売上高営業損益純損益
前回予想 2兆400億円 200億円 0
今回予想 2兆400億円 △1600億円 △1700億円
前期実績 2兆288億円 338億8000万円 34億8900万円

デジタル化やペーパーレス化の進展に伴い、北米市場におけるオフィスプリンティング事業の単価下落が先行するなど厳しい環境が続いています。

そのため、アメリカの販売子会社「Ricoh USA」において、2008年に買収した「IKON Office Solutions」ののれん減損損失などとして約1400億円、2014年に買収した「mindSHIFT Technologies」などの減損損失として約400億円を計上するため、営業損益・純損益ともに大幅な赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:リコー

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事