不景気.com > 国内リストラ > パスが旅行事業を廃止、子会社「パス・トラベル」を譲渡

パスが旅行事業を廃止、子会社「パス・トラベル」を譲渡

パスが旅行事業を廃止、子会社「パス・トラベル」を譲渡

東証2部上場で美・健康関連の通信販売に事業転換中の「パス」は、3月29日をもって旅行事業を廃止すると発表しました。

2013年に現子会社の「パス・トラベル」を買収するかたちで旅行事業に参入すると、決済代行事業とのシナジーを目指し、旅行サービスや損害保険の代金決済を手掛け、また、2016年9月には第1種旅行業登録を行い、コミュニティサービス事業とのシナジーを目指し、国内外の企画旅行などに取り組んでいました。

しかし、グループにおける事業の選択と集中を進めるなか、2016年にコミュニティサービス事業および決済代行事業を相次ぎ廃止したことから、旅行事業のみでの生き残りは困難と判断し今回の決定に至ったようです。

なお、旅行事業を手掛ける子会社「パス・トラベル」は、ジャスダック上場で学習塾を展開する「市進ホールディングス」へ3月29日付で譲渡される予定です。

連結子会社の異動および旅行事業の廃止に関するお知らせ:パス

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事