不景気.com > 赤字決算 > インターライフHDの18年2月期は2.31億円の最終赤字へ

インターライフHDの18年2月期は2.31億円の最終赤字へ

インターライフHDの18年2月期は2.31億円の最終赤字へ

ジャスダック上場で内装工事などを手掛ける「インターライフホールディングス」は、2018年2月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が2億3100万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年2月期通期連結業績予想:インターライフホールディングス

売上高営業損益純損益
前回予想 210億円 2億5000万円 1億2000万円
今回予想 207億3700万円 1億1400万円 △2億3100万円
前期実績 190億8200万円 2億5700万円 7200万円

製造業向け人材派遣・請負を手掛ける子会社「ジーエスケー」について、業務量の伸び悩みや受注競争の激化などで業績が計画を下回っており、のれんの減損損失として2億9100万円の特別損失を計上する見込みとなりました。

また、遊技場の内装工事などを手掛ける子会社「ファンライフ・デザイン」について、業界の規制強化の影響に伴い、予定していた店舗改装工事の中止・延期や受注減で、業績が大きく下回る結果となったことから、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:インターライフホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事