不景気.com > 海外倒産 > 米最大ラジオ局「アイハートメディア」が破産法第11章を申請

米最大ラジオ局「アイハートメディア」が破産法第11章を申請

米最大ラジオ局「アイハートメディア」が破産法第11章を申請

アメリカ・テキサス州に本拠を置くラジオ局運営の「アイハートメディア」(iHeartMedia)は、3月14日付でテキサス州南部の連邦破産裁判所へ破産法第11章(日本の民事再生法に相当)を申請したと発表しました。

1972年に設立の同社は、アメリカ最大のラジオ運営会社として知られ、アメリカ国内にてAM・FM合わせて約850のラジオ局を運営していました。

しかし、2008年のレバレッジド・バイアウトによる買収が債務体質に悪影響を及ぼし、その後は慢性的に厳しい資金繰りを余儀なくされたほか、インターネットラジオ局やインターネット音楽配信サービスの台頭による競争激化で業績が悪化したため、負債の削減を目的として今回の措置に至ったようです。

負債総額は200億ドル(約2兆1200億円)を超える見込みで、今回の法的整理により100億ドル(約1兆600億円)以上の債務免除を受ける見込みです。

iHeartMedia Reaches Agreement

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事