不景気.com > 企業不況 > 日立造船が80億円の債権放棄、スイス子会社の財務改善で

日立造船が80億円の債権放棄、スイス子会社の財務改善で

日立造船が80億円の債権放棄、スイス子会社の財務改善で

東証1部上場の「日立造船」は、100%出資子会社「Hitachi Zosen Inova AG」(スイス・チューリッヒ)に対して、貸付金の7000万スイスフラン(約80億円)を債権放棄すると発表しました。

1933年に創業し、2010年に日立造船の傘下となった同子会社は、ごみ発電設備の設計・製造・販売を主力に事業を展開しているものの、自己資本の回復と財務基盤の強化を目的として今回の措置に至ったようです。

なお、当該債権放棄は連結決算において相殺消去されるため、連結業績への影響はありません。

債権放棄に関するお知らせ:日立造船

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事