不景気.com > 国内倒産 > アプリ開発の「ビースリー・ユナイテッド」に破産開始決定

アプリ開発の「ビースリー・ユナイテッド」に破産開始決定

アプリ開発の「ビースリー・ユナイテッド」に破産開始決定

東京都渋谷区に本拠を置くアプリ開発の「株式会社ビースリー・ユナイテッド」は、3月22日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

2006年に設立の同社は、スマートフォン向けゲームアプリの開発を主力に事業を展開し、猫をつまんで積み上げる人気ゲームアプリ「つみネコ」の開発・運営を手掛けたことで知られています。

しかし、その後はヒット作に恵まれず、起死回生策として自分が歌える音域を判定するアプリ「ウタエル」を開発したものの、収益回復には至らず、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約4600万円で、アプリ「つみネコ」は別会社により運営が継続されています。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事