不景気.com > 赤字決算 > ダブル・スコープの17年12月期は1.19億円の最終赤字へ

ダブル・スコープの17年12月期は1.19億円の最終赤字へ

ダブル・スコープの17年12月期は1.19億円の最終赤字へ

東証1部上場でプラスチックフィルム・シート製造の「ダブル・スコープ」は、2017年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が1億1900万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2017年12月期通期連結業績予想:ダブル・スコープ

売上高営業損益純損益
前回予想 100億円 10億円 6億円
今回予想 95億1700万円 2億7400万円 △1億1900万円
前期実績 90億4800万円 23億7000万円 19億4500万円

主力のリチウムイオン電池用セパレータにおいて、スマートフォン向け製品や中国の電気自動車向け製品で需要が減少したほか、電気自動車向け製品のサンプル製造に係る費用が利益の下振れ要因となりました。また、子会社が保有する米ドル建て債権の為替評価差損を計上したことから、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:ダブル・スコープ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事