不景気.com > 赤字決算 > 東洋エンジニアリングの18年3月期は180億円の赤字へ、無配

東洋エンジニアリングの18年3月期は180億円の赤字へ、無配

東洋エンジニアリングの18年3月期は180億円の赤字へ、無配

東証1部上場のエンジニアリング大手「東洋エンジニアリング」は、2018年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期営業損益・純損益がともに180億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績予想:東洋エンジニアリング

売上高営業損益純損益
前回予想 3700億円 65億円 20億円
今回予想 3500億円 △180億円 △180億円
前期実績 4319億1700万円 △20億900万円 14億7200万円

アメリカ向けエチレン製造設備プロジェクトにおいて、工事初期に判明した地盤・杭問題に起因する土建工事の遅延を回復する目的で、作業員の増員や夜間作業などの工事促進策を実施したものの、長雨やハリケーンの影響も重なり工事進捗率が低迷し、工事コストが大幅に増加するため、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

また、業績予想の赤字修正を受け、年間配当を無配とすることも併せて明らかにしました。

業績予想の修正に関するお知らせ:東洋エンジニアリング

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事