不景気.com > 国内倒産 > 新潟製油に破産開始決定、休止の油井から油・ガスが噴出

新潟製油に破産開始決定、休止の油井から油・ガスが噴出

新潟製油に破産開始決定、休止の油井から油・ガスが噴出

官報によると、新潟県新潟市に本拠を置く元・石油精製の「新潟製油株式会社」は、1月19日付で新潟地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1941年に設立の同社は、新発田市などで3ヵ所の鉱山を所有し、原油の採掘・精製を手掛けていたものの、その後は需要の低迷により鉱山を閉鎖し、油井は休止状態となっていました。

ところが、2017年2月に同社が所有する油井から油やガスが噴出していることが判明したため、油の回収などの対応に追われたほか、近隣の農地では作付けができないなどの被害が発生していました。

事件番号は平成30年(フ)第9号で、財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は2月20日までです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事