不景気.com > 赤字決算 > カネ美食品の18年3月期は12億円の赤字へ、コンビニ統合影響

カネ美食品の18年3月期は12億円の赤字へ、コンビニ統合影響

カネ美食品の18年3月期は12億円の赤字へ、コンビニ統合影響

ユニー・ファミリーマートホールディングス傘下で、ジャスダック上場の食品加工業「カネ美食品」は、2018年3月期通期業績予想を下方修正し、当期純損益が12億7000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期通期業績予想:カネ美食品

売上高営業損益純損益
前回予想 914億1000万円 △10億8000万円 △2億8000万円
今回予想 898億3000万円 △13億2000万円 △12億7000万円
前期実績 882億5800万円 4億9800万円 △5億1400万円

主要取引先の「サークルKサンクス」における「ファミリーマート」とブランド統合に伴い、中部・関西地区のファミリーマート向け売上が計画を下回っているほか、納品店舗の看板替えによる休業や閉店の影響も重なり、売上高・営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:カネ美食品

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事