不景気.com > 赤字決算 > 大塚家具の17年12月期は純損益72億円の赤字継続

大塚家具の17年12月期は純損益72億円の赤字継続

大塚家具の17年12月期は純損益72億円の赤字継続

ジャスダック上場の家具販売大手「大塚家具」は、2017年12月期決算短信を発表し、当期純損益が72億5900万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2017年12月期通期連結業績:大塚家具

売上高営業損益純損益
17年12月期 410億7900万円 △51億3600万円 △72億5900万円
前期実績 463億700万円 △45億9700万円 △45億6700万円
次期予想 456億6300万円 2億円 13億9000万円

新築まとめ買い需要への依存度が高い大型店の売上が低迷していることに加え、次世代型となる中小型店舗網の構築が途上であること、店舗規模の適正化に伴う構造改善費用や減損損失などとして32億7500万円の特別損失を計上したことから、営業損益・純損益ともに赤字継続となりました。

2017年12月期決算短信:大塚家具

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事