不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース1/8、倒産の話題が多く

週刊不景気ニュース1/8、倒産の話題が多く

週刊不景気ニュース1/8、倒産の話題が多く

1月1日から8日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産の話題が多い1週間となりました。

破産開始決定を受け倒産したのは、宮城の土木資材加工「グリーンテクノス」、新潟の電子機器組立「NDK」、大阪のアパレルメーカー「ドウプランニングインターナショナル」、東京の各種工事「ラック」、静岡の建設業「石井建設」、福岡の葬儀保証組合「福岡県ゴールド事業協同組合」となりました。また、高知の日本酒製造「高知酒造」が民事再生法の適用を申請しました。

一方、情報サービス大手の「リクルートホールディングス」が東南アジアでのオンライン旅行代理事業から撤退し、テレビ用光学フィルター製造の「フジプレアム」が中国子会社「上海不二光学科技」を解散、食品製造機械メーカーの「レオン自動機」が台湾子会社「亞太雷恩自動機」を解散するとそれぞれ発表しました。

また、2017年の倒産企業・リストラをまとめた記事を公開しているので、よろしければご覧ください。

2017年の上場企業倒産はタカタなど2社、上場廃止は5社
2017年の最多リストラは「ニコン」の1143名、100名超は減少

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事