不景気.com > 赤字決算 > クレディセゾンが129億円の特別損失、システム移管費用で

クレディセゾンが129億円の特別損失、システム移管費用で

クレディセゾンが129億円の特別損失、システム移管費用で

東証1部上場のクレジットカード会社「クレディセゾン」は、2018年3月期第3四半期累計期間において、約129億円の特別損失を計上すると発表しました。

これは、2017年11月26日付で新しい共同基幹システムへ移行したのに伴い、その移行に係る一時費用として計上するものです。

なお、通期業績については、前回予想の営業利益440億円・純利益400億円を据え置くものの、修正が必要な場合には速やかに公表するとのことです。

特別損失の計上に関するお知らせ:クレディセゾン

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事