不景気.com > 海外リストラ > 米日用品大手「キンバリークラーク」が5500名を削減へ

米日用品大手「キンバリークラーク」が5500名を削減へ

米日用品大手「キンバリークラーク」が5500名を削減へ

アメリカの日用品大手「キンバリークラーク」は、全従業員の12~13%に相当する5000~5500名の人員削減を行うと発表しました。

対象となるのは全世界の従業員で、サプライチェーンのスリム化や余剰人員の削減を進めるほか、約10ヵ所の製造拠点を閉鎖・売却することも併せて明らかにしました。

この施策に伴い、2020年末までに最大で17億ドル(約1850億円)のリストラ費用を計上する一方、年間で600億円のコスト削減を見込むとのことです。

Kimberly-Clark:New Global Restructuring And Multi-Year Cost Savings Target

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事