不景気.com > 国内リストラ > ジャパンディスプレイの希望退職に290名が応募、想定上回る

ジャパンディスプレイの希望退職に290名が応募、想定上回る

ジャパンディスプレイの希望退職に290名が応募、想定上回る

東証1部上場のディスプレイメーカー「ジャパンディスプレイ」は、2017年8月9日付で公表していた国内の希望退職者募集に290名が応募したと発表しました。

対象となったのは50歳以上の社員で、当初の募集人員240名に対し、約2割多い応募者数となりました。なお、この施策に伴う特別退職金などの費用として約25億円の特別損失を計上する予定です。

競争激化などから業績が悪化している同社は、年間500億円の固定費削減を目指し、海外でも約3500名におよぶ人員削減を予定しているほか、国内外での拠点の統廃合も進めています。

希望退職者募集の結果に関するお知らせ:ジャパンディスプレイ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事