不景気.com > 国内倒産 > 振袖レンタルの「はれのひ」に破産開始決定、負債6億円

振袖レンタルの「はれのひ」に破産開始決定、負債6億円

振袖レンタルの「はれのひ」に破産開始決定、負債6億円

神奈川県横浜市に本拠を置く振袖レンタル・販売の「はれのひ株式会社」は、1月26日付で横浜地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

2008年に創業、2011年に法人化した同社は、振袖の販売・レンタルや前撮り・着付け・ヘアメイクなど成人式に特化したサービスを手掛け、横浜・八王子・つくば・福岡など全国に6店舗を展開し、2016年9月期には約5億円の売上を計上するなど事業を拡大していました。

しかし、2017年に入り給与や取引先への支払遅延が頻発するなど資金繰りが悪化すると、今年の成人の日には店舗閉鎖などから会社側と連絡が取れない状況となり、振袖が着られず成人式に出席できない新成人が相次ぐなどトラブルに発展したため、1月9日には事業を停止し事後処理を進めていました。

負債総額は、債権者約1600名に対して約6億3500万円の見込みです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事